麻酔・疼痛治療医学分野 臨床

手術麻酔管理

現在、徳島大学病院においては、年間4500例を越える麻酔科依頼の麻酔管理症例があります。この一例一例に対して術前回診を行い、事前に麻酔計画を立て、十分な検討の後、全身麻酔や区域麻酔を実施しています。術中は注意深い観察を行うとともに、異常発生時には迅速かつ適切な処置を施すことで、患者の安全を確保しています。また、術後の疼痛管理を考慮した管理を術中から行っています。

2004年に新手術室に移転後は、当時最新であった麻酔器、
モニター、電子カルテシステムを順次更新しながら業務を行っています。当時手術室は全10室(12ベッド)でしたが、2007年秋には手術室が2室増室されました。
その他、アンギオ室2室、分娩部1室で全身麻酔が可能です。以下麻酔科管理手術は2004年当時同時7列運営で行っていましたが、2014年4月より9列運営となりました。

2015年には新外来棟が開院され、外来棟にも手術室が2室増室されました。2016年2月より10列運営となり、ますます麻酔科医の役割は大きくなっています。

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
監督 堤 保夫 富山 芳信 田中 克哉 酒井 陽子 角田 奈美
副監督 濱口 英佑 曽我 朋宏 箕田 直治 川西 良典 久米 克佳

麻酔科外来

ペインクリニックの対象疾患は、疼痛を主訴とするあらゆる疾患であり、片頭痛や三叉神経痛、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった脊椎疾患に伴う痛み、閉塞性動脈硬化症やバージャー病のような血行障害に伴う痛み、帯状疱疹の痛みや外傷後の疼痛といった慢性痛をなどに神経ブロックを中心としたさまざまな治療方法を組み合わせて痛みを取り除いたり緩和したりしています。また難治性の慢性痛に対しては、専門的な薬物療法以外に光線療法や理学療法を用いて緩和するとともに、カウンセリングなどを通じて患者様の痛みに対する知識と理解を深めることで日常生活への復帰を支援しております。そのほか、疼痛以外の疾患として、手掌多汗症や顔面神経麻痺、突発性難聴、顔面痙攣などへの特殊治療の相談にも応じています。

ペインクリニック以外には、手術麻酔を受けられる患者様の安全を確保するために術前の管理を外来にて行っております。前日入院や当日入院患者、合併症を有する患者様において、術前の全身状態の把握から麻酔の詳細な説明まで、麻酔専門医・指導医が念入りにチェックしています。なおこのシステムは今後当院でも増えるであろう日帰り手術にも対応しており、こういった新しい手術形態に対してもさらなる安全性確保に貢献するものと思われます。

詳しくはこちらを 徳島大学病院 麻酔科外来